Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/ledy1/bi-createsalon.com/public_html/wp-content/plugins/ad-inserter/ad-inserter.php on line 4389

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/ledy1/bi-createsalon.com/public_html/wp-content/plugins/ad-inserter/ad-inserter.php on line 4396
発毛指令するバルジ領域を大切にする | アンチエイジングの魔法♡

薄毛・育毛・ハリ肌・美ボディ・アラフィフからのエイジングケア

menu

アンチエイジングの魔法♡

発毛指令するバルジ領域を大切にする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脳内のひかり

頭皮の中のバルジ領域とは

バルジ領域とは立毛筋辺りにある毛母細胞が形成される領域のこと。
毛包幹細胞と色素幹細胞が細胞分裂し毛母が形成されます。

髪毛指令をだしているのは、このバルジ領域なのです。

発毛の仕組み

発毛の流れは↓

毛髪 頭皮外側の「毛幹」から構成

頭皮内側の「毛根」→ 「毛包」に包まれて、その下部の「毛乳頭」では、成長期に活発に細胞分裂しながら毛髪の元の細胞を作り出している
「毛乳頭」には血管が入り込んでいて、発毛に必要な栄養が(毛細血管によって)運ばれてくる

「毛母細胞」が増殖し分化して成長  →  毛根から押し上げられ毛髪が成長する


 バルジ領域の毛包幹細胞と色素幹細胞が細胞分裂し形成される

オールハンドで特別な髪育メソッドであること

アクティバート髪育メソッドの特徴

これらの真皮層や毛母細胞へ届けることができる貴重なメソッドです。
様々な再生医美容などがありますが、その中でも「オールハンド」でヒト幹細胞培養液などを届けることができます。
また再生医療≒幹細胞研究から生まれた、次世代の髪育メソッドです。

抜けない頭皮環境をつくる

アクティバート髪育メソッドでは、クレンジングが重要です。
毛包へ安心安全のミストで乳化させ、汚れなどを取ります。

ヒト幹細胞培養液入りローションで健常な頭皮を形成しながら、髪育促進していきます。

ドラッグデリバリーシステムで、老化細胞に特化して入っていきます。

コラーゲン生成や新生血管、繊維芽細胞増殖など、髪育し毛周期を伸ばします。

そもそもグロースファクターって何?

細胞の成長や分裂を促進する物質のことです。アクティバート髪育メソッドでは、育毛にすぐれる以下のグロースファクターを含みます↓

グロースファクター   効果

IGF-1    増毛・シワ抑制・脂肪分解
aFGF     抗老化・シワ改善・増毛
KGF-2    抗老化・増毛・創傷治癒
SOD-1    抗酸化・抗老化
VEGF     毛髪成長
SCF      シワ抑制・増毛

成長因子(せいちょういんし、英: Growth factor)とは、動物体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質の総称である。
増殖因子、細胞増殖因子(さいぼうぞうしょくいんし)などともいう。
様々な細胞学的・生理学的過程の調節に働いており、標的細胞の表面の受容体タンパク質に特異的に結合することにより、細胞間のシグナル伝達物質として働く。wiki https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E9%95%B7%E5%9B%A0%E5%AD%90 より

他にも発毛促進成分がいっぱい

3つのアクティブ成分
●成長因子を含むヒト幹細胞培養液 ADSC-CM
●プロリファイルF4
●ビタ・HA・400

と共に、6つの有効成分

①トリペプチド―1銅
②ナイアシンアミド
③サリチル酸
④L・メントール
⑤D・パンテノール(プロビタミンB5)
⑥ツボクサエキス

髪の毛にヒト幹細胞培養液

髪の毛に3つのアクティブ成分と6つの有効成分

次世代の髪育とは

自分の細胞が若返る~それはセルフエイジングケアになりますね。
今までは自分の細胞をいかに保つか、外からのコスメで補う方法でした。
これからは、自分の肌は自分の細胞で~再生機能を高めましょう!

細胞自体の不活性を改善する

幹細胞培養液≒肌の抗老化 肌組織再生 頭髪発毛 肌美白
皮膚組織のヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンの再生を促進する高機能性生物素材です。


これらの再生美容を応用したのが「ADSC-CM」配合のコスメ

次世代エイジングケアでは、「細胞の不活性すなわち老化していく肌」を活性サイクルへ入らせる。
そして、自らの細胞でSOD(抗酸化酵素)や成長因子の分泌を高めていきます。
自らの肌力を養い、組織を再生していくのです。

ピンクバラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プロフィール:カテリーナ

動く体で元気に年を重ねる、
エイジングケアを日ごろから実践。
楽しみながらキレイになる! 
情報やアイデアをいっぱい載せています♪
エステティシャン・ボディワーカー・エイジング美容研究家



↓ワンクリックお願いします♡

blogお問い合わせ