Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/ledy1/bi-createsalon.com/public_html/wp-content/plugins/ad-inserter/ad-inserter.php on line 4389

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/ledy1/bi-createsalon.com/public_html/wp-content/plugins/ad-inserter/ad-inserter.php on line 4396
身体の巡りをよくして若返る | アンチエイジングの魔法♡

薄毛・育毛・ハリ肌・美ボディ・アラフィフからのエイジングケア

menu

アンチエイジングの魔法♡

身体の巡りを良くして、若返る細胞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デトックス若返る細胞

滞るのは「過ぎる」から

先日いつも歩く量の三倍くらい歩いたり(数キロですけど)、ちょっと沢山用事をこなしたり、食べすぎたり(これが一番良くないのです)、過ぎることが多かったのです。
すると、いつもより筋肉が硬かったり、足が浮腫みがちだったり、眠りが浅いかダラダラと眠るか・・・などがありました。
これ、だいぶ固まっているなあと、身体については思っていたのですが、調子に乗って食べ過ぎました。

・・・お決まりの「不具合」になり、胃腸がおかしくなりました。
食べられるんだけど、食欲はあるのだけど、「胃が重い」キリッと痛む箇所があるのです。

美味しい食事

これは「過ぎている」ことのメッセージが送られているんだけど、脳と感情とがうまく連結出来ていませんでした。

ストップ!と身体が悲鳴をあげはじめ・・・、身体も心も休養することに。

まず、食べない。
眠る。
心のゴミ出しをする。
部屋の片づけをする。
お腹から声を出す。

よ~く考えてみると、「出す」ことばかりしていました。

入れていたのは「読書」すること。
心のゴミをどう出そうかと、ちょっと知識を得たりして・・・。

レモンバームとひとしずくの露

すると、歩いていても足が軽くなっているので、かなりエネルギーが周りだしたな・・・と感じました。

やっぱり、「空き」を作ると、血やエネルギーも巡り、周り出すんですね。
身体の声を聴かないと、ちょっと大変度がアップすると肝に銘じました。

さてそれもこれも、何だか必要があっての奥からのメッセージなんだと受け止めています。
人生で必要なものを選び取りなさいという、大切な時間でもあるのです。

空っぽのお腹に入れるもの

何度かファスティングをしたことがあるので、「酵素」をいつもより数倍と青汁は飲み続けました。
食べないわけでもないので、夕方におそうめんなんか、身体の要求するものを食べました。少しね。
あとは、スープです。
お味噌汁でもいいのですが、今回はアミノ酸スコア100のスープにしました。
これを酵素と夜のお腹が空いたときに食べます。
ファスファス

青汁プラス

胃腸を休める目的で、準備食とかキチンとしたファスティングではありません。
でも、身体に聴きながら、お腹もそろそろすきながら「温めと毒だし」です。

酵素ドリンクはいつものファスファス。
こんな時に常備しているのは心強いです。
何も食べないよりも、必用な栄養素は足りていることが大切です。
また、「青汁plus」もデトックスや栄養にも助かるものでした。

胃腸がもう少し回復して、身体の動きが軽くなるまでこの「軽食プラン」やっていきます。

食べないで周すエネルギー

風邪の時は絶食がよい、また疲れた時もなるべく食べないでエネルギー(血流やデトックス)を周すことがよいと自然医学ではあります。
私もこれは体感として、いつも風邪の時でも食べないし食べれません。
要らないものが熱や咳などで出ていき、身体はそうするエネルギーを消化以外から周します。

ただ、「酵素」は体内酵素から出したくないので、摂取するほうがいいかは判断ですね。
体力をつけながら、自然治癒力が出るので。
いつも風邪薬も使いません。
たまに、熱もないのに大汗が出るときは、身体が毒出しをしてくれているのだと思っています。
解熱剤もいらない、自然治癒に感謝しています。

やっぱり「欲」に勝てなくて、食べ過ぎ飲み過ぎするときもありがちなんです。
一番は、身体と脳が仲良しになって、一番ためになる情報をやり取りしてくれれば、それに従えるのですが・・・(苦笑)。
わがままなものですね。

温めることで肝腎が動き胃腸を癒す

温湿布すると、「まあ!冷たい」という感じのお腹の中です。
かなり「冷え」を抱いてきましたね。
今は秋なので、冬までには温かい身体にしておかなくちゃ。
温アンポ

これから温罨(あんぽう)して眠ります。
皆様も季節の変わり目、お身体を大切にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プロフィール:カテリーナ

動く体で元気に年を重ねる、
エイジングケアを日ごろから実践。
楽しみながらキレイになる! 
情報やアイデアをいっぱい載せています♪
エステティシャン・ボディワーカー・エイジング美容研究家



↓ワンクリックお願いします♡

blogお問い合わせ