アンチエイジング美容 美肌・フェイシャルケア

アミノ酸で美肌になる

タンパク質の元のアミノ酸は、美肌作りに欠かせない成分なのです

アミノ酸はタンパク質が分解されてできる

いまスポーツでも日常でもアミノ酸サプリなど「アミノ酸」のことを見聞きします。
そのアミノ酸っていったいどのようなものなのでしょうか。

食品からアミノ酸を「アミノ酸」という形で直接は摂取できません。
製造技術が発達してきたサプリメントからアミノ酸単体で摂取されることで、即のエネルギーになる優れものなのです。

そのアミノ酸とは、タンパク質の構成要素です。
タンパク質を食べることで、体内で分解されてアミノ酸になるのです。

アミノ酸の種類って

自然界には500種類のアミノ酸が存在し、人間の体に必要なのはそのうちの20種類です。
さらには、体内で合成できるアミノ酸=非必須アミノ酸  11種類
〃    できないアミノ酸=必須アミノ酸   9種類
あります。

この必須アミノ酸は、食べ物から摂取しなければなりません。
ところが、食物に含まれる9種類のアミノ酸量はそれぞれに異なっています。

「アミノ酸スコア」とは

食物からアミノ酸を摂取する場合、あるアミノ酸がいくら多くても、最も量の少ないアミノ酸に「タンパク質再合成が制限される」というしくみが体内にはあります。
これがよく聞く「アミノ酸スコア」というものです。
アミノ酸できれいになる、元気になる  大谷勝 監修

必須アミノ酸の中で一番少ない量と合成します。
必須アミノ酸は、スレオニン・バリン・ロイシン・イソロイシン・メチオニン・フェルアラニン・リジン・トリプトファン・ヒスチジン

食品たんぱく質の栄養価は必須アミノ酸の量と割合に依存し,たんぱく質を多く含む食品であっても,必須アミノ酸含量のバランスの悪い食品, または, 必須アミノ酸が少ない食品はたんぱく質としての栄養価が下がります
体内でたんぱく質が合成される際には,そのたんぱく質を構成する全てのアミノ酸の存在することが必要です。
どれか1 つでも不足していれば,合成がうまく進まず,最も不足するアミノ酸によって合成量が決まってきます。
言い換えれば,たんぱく質の利用率は必要量に対して最も少ない割合で存在する必須アミノ酸量によって制限を受けることになり,数値が高いほど栄養価が優れていて,最大値は100 となります。
アミノ酸スコアが低い場合は,不足を補う食品を組み合わせた食事にすることが勧められます

http://www.jfrl.or.jp/jfrlnews/files/news_no46.pdf
食品たんぱく質の栄養価としての
「アミノ酸スコア」        日本食品分析センターさまより

例えば 肉や鶏肉や卵などはほぼアミノ酸スコアは100です。
必須アミノ酸を補うには白米は65なので、不足している分を他で補うことが必要になります。

steak

食品からの摂取では胃腸消化されたのち吸収されますが、サプリメントで摂取した場合「体内で吸収されるための最小のカタチ」になっていて、消化という過程は必要ありません
そのため、サプリの場合は吸収にも時間がかからず、即効性もあります
ただ、その場合でもアミノ酸スコアが低い「食品」などからも補充しながら、全体の活用量を増やして栄養状態を良好にできます。
また医療の世界でも点滴用の輸液に使われるなど、食べることが出来ない人にも体を造るための成分=タンパク質を最小限の形で体内に取り入れることができるのです。
(顆粒もあるそうです)
あくまで基本は食品から摂取しながら、よりよい栄養状態にしていくのが理想です。

食べ物の中にあるアミノ酸

アミノ酸の入っている食品はどんなものなのでしょうか。
タンパク質の構成要素というなら、お肉や魚など動物性なんだ・・・と思いがちですが、野菜や穀類や海藻類などからも摂ることができます。

例えば、ノリや枝豆大豆、サツマイモ、豆腐、チーズ、たまご等々。

様々な種類の食品に含まれてはいますが、摂取できるアミノ酸の種類は異なりますし、それ以上に摂取量が異なるのです。
肉などのタンパク質は人間の体とほぼ同じアミノ酸比率で構成されていて、肉を食べると人間の体にとってのアミノ酸摂取は十分だそうです。
野菜や穀類などの植物性のアミノ酸は、人間の体とアミノ酸の構成比率が違うので、それだけを食べていても不足する必須アミノ酸がでてきます。

野菜からアミノ酸の不足を補うためには、動物性のタンパク質を一緒に食べてバランスよくアミノ酸を摂取することで、総合的なアミノ酸の活用量を高めていけます

消化の詳しいことは酵素を活用して美腸になる」に書いています。
秋のパンプキンスープ

美肌になるにはアミノ酸

アミノ酸の効果は、
美肌効果や、髪を美しくし、ボリュームアップすることにも働きます
血管を広げ、血液をサラサラにして、血流を良くする働きもあります
肝臓や胃腸の働きも助けます
免疫を高め、さまざまな疾病予防につながります
深い眠りと快適な目覚め、また疲労の軽減も実感できます
運動能力を維持し、筋肉疲労や筋肉痛を軽減します

さてそのようないいことずくめのアミノ酸ではありますが、ダイエットや運動などではそれだけではダメです。
ちゃんと摂取しながら運動をする、食事を工夫するなどしたほうがよく、サプリを飲むだけでOKということではありません。
ただ、お肌は、内側からはアミノ酸サプリ摂取のみで、努力いらずキレイになっていくということです。

お肌の角質層には、うるおいを保ち取り戻すために働く「天然保湿因子(NFM)」というのが存在します。
この「天然保湿因子(NFM)」を構成する成分の半分近くがアミノ酸であるということです。

お肌

角質層は、ケラチンというタンパク質によって構成された細胞が重なり合ってできている層で、わずか0,01ミリ程度の厚さにも関わらず、外界からの刺激や異物の侵入を防ぐ、バリアとしての機能を果たしています。
「天然保湿因子(NFM)」は正確には角質層を構成ている細胞の中にあり細胞そのもののうるおいを保つことで、角質層のうるおいを保っているのです。

この「天然保湿因子(NFM)」が減ってしまうと、角質細胞自体のうるおいがなくなり、角質細胞の並び方が乱れ、乾燥するうえカサついて荒れた肌になってしまうのです。

中略

たしかに、アミノ酸のメーカーである味の素(株)において行われた別の実験データによると、健康な肌と荒れた肌の人の肌中のアミノ酸量を比較したところ、健康な人の肌を100とした場合、荒れた肌ではその4割もアミノ酸量が少ないことがわかりました

中略

つまり、最初に述べた乾燥肌の改善実験に参加した7人の女性は、実験前は「天然保湿因子(NFM)」が不足している状態にあり、サプリメントからアミノ酸を補充することで「天然保湿因子(NFM)」が増加し、うるおいが保たれ、角質層が規則的に並ぶことで肌荒れを回避でき、さらにコラーゲンにもアミノ酸が働いたために、キメが細かくなり、ハリも出て、肌全体としてのコンディションが整えられていったということになるのです。

アミノ酸できれいになる、元気になる  大谷勝監修

アミノ酸はこのようにお肌に作用するのですが、それは吸収のよいサプリメントだからなのでしょうか。
ただ、どちらにしても、タンパク質の元となるアミノ酸はやはり基本的に必要なものなのですね。
まず食べ物から、そして良質なサプリからもとると結果が速いということになります。

コラーゲンよりアミノ酸

コラーゲンは真皮を構成している成分の一つで、キメを整え、ハリや弾力性のあるお肌を作るというものです。
ただコラーゲンを摂取した場合、体内でプロキアーゼという酵素によって、アミノ酸に分解されます。
しかしコラーゲンは体内での代謝がされにくく、実際皮膚を構成するためのコラーゲンとして再合成されることは極めて少ないという特徴があるのです。
だからといって、コラーゲンの摂取が無意味ということではありません。
肌を美しくするという目的では、分解後のアミノ酸を直接摂取する方が役割を果たすまでの時間が短く吸収度や再合成への利用度が高く、有利に働くということです。

アミノ酸できれいになる、元気になる  大谷勝監修  より

コラーゲン

アラニン・プロリン・セリン・グリシン・アルギニン・グルタミン・バリン・ロイシン・イソロイシン(BCAA)など17種類にも及ぶアミノ酸からできています。

コラーゲンの再合成を助けるために、アミノ酸を摂取することがよいとされています。

コラーゲン配合の化粧品については、コラーゲンの大きさはアミノ酸の300倍もあり、直接肌に入れても吸収されないそうですが、保湿を維持するということでは、コラーゲン配合の化粧品は意味があるとのことです。

スキンケアの内と外

スキンケアにおいては、内からはアミノ酸などの保湿因子を補うことは必要ですが、外からの保湿とUVケアもすごく大事です。
アミノ酸が直接美肌に作用することで、中からうるおいとターンオーバーの正常化が促進されます。
そして外からは、UVを防ぎながらこまめに保湿を行うことで、一番良い状態が保たれます。

内と外から、美肌は造られるのです。

お外のパグ

-アンチエイジング美容, 美肌・フェイシャルケア

© 2022 アンチエイジングの魔法♡ Powered by AFFINGER5